コンタックスG ビオゴン21mm改
 先日、ハヤタカメラさん経由で宮崎製品さんにコンタックスG用のビオゴン21mmの改造をお願いしていました。今週半ばにレンズは自宅に届いたのですが、今日までは仕事で忙しく試すこともできませんでした。今日、震災の日に街の中をウロウロする機会があったので持っていきました。

c0147468_21352587.jpg


 もともとの端正なデザインのレンズとは違って、手作りの雰囲気が好ましいブラックの鏡胴。絞りは少し窮屈な操作となりましたが、MFとなってつけ加えられたリングは、手探りで距離を合わせやすい感触。



c0147468_2133525.jpg

 機関車がテカテカしているこの感触が好きです。これも朝のひかりのおかげです。
当たり前のことですが、描写力はGレンズの時と同じシャープで切れの良さが印象的。
周辺光量の低下はEpson R-D1sの個性もあって目立ちますが、ここはちょっとソフトで調整。

c0147468_2134641.jpg

 空の色合い深く、それでいて他の色も映えている。お寺もちょっとヨーロッパ調。

c0147468_2135521.jpg

 今日、この日はお寺も何カ所か出かけます。私は異教徒なのですが。


c0147468_214105.jpg

 兵庫県の公館はいつものモチーフ。このレンズは絞り込む必要がないので、ライカマウントとは言え、AE機能がついたEpson R-D1sで使うといつも同じf5.6あたりしか使わない無精なカメラマンになってしまいます。反省。

c0147468_21423100.jpg

 この日に、こういうものにすぐ目がいくのはやはり邪念ですね(笑)

c0147468_2143299.jpg

 ツアイスの色というのは言葉では言いにくいのですが、私は「世界を美しく見せる彩り」と思っています。
 普通に見慣れた街角が綺麗に撮れると、とてもうれしいですね。

 このレンズは銀塩で使って何度も私を魅了してきました。このまま使い続けようと思っていましたが、銀塩でもライカまでは手が伸びるのですが、あえてAFのカメラは使わなくなりました。デジタルとの差別化が中途半端なのでしょうか。
 それで思い切って改造に出したのです。21mmはエルマリート21㎜アスフェリカルと旧ビオゴンがあるのですけど、少しかさばるサイズだったので、コンパクトで持ち歩きにはありがたいのです。
贅沢な話ですけど21mmは手頃のものがなかったので、ちょっとうれしいです。
[PR]
by kamigatacamera | 2009-01-17 21:27 | Epson R-D1s | Comments(12)
Commented by つっちゃん at 2009-01-17 23:00 x
この鏡胴は変わってますね~。今度見せてください。
Commented by ktokuri at 2009-01-17 23:41 x
この鏡胴はスリムでなかなかいいデザインセンスだと思います。
絞りリングの使い勝手だけが、ちょっと難ですけど、機能としては十分ですね。
Commented by matu at 2009-01-18 00:36 x
ライカ持たせると、写真が一変するね。レンズもボディも非純正だけど:-)
ktokuriさんの写真は、一眼ではお茶漬けのような落ち着いた淡い味つけだけどもご本人しか撮れない空間ワールド…なんだけど、ライカだとグッとくる直接的な空気感があって、よりわかりやすい写真になってきている気がする。
 カメラでこれだけ写真の方向性が変わる人も珍しいよな。
Commented by F at 2009-01-18 08:46 x
お久しぶり。こういう記事になると群がってきます....ハハハ
ツアイスのレンズは何故か写真に緊張感、ある種のテンションを与えます。それがライツのレンズとの個性の違いでしょう。ライツのユルユルもなかなかいいですけどね。
Commented by senshikibow at 2009-01-18 18:31
おっ!届きましたね。
奇麗な発色ですね。
いくらRD-1sとはいえ、周辺光量の落ちは予想以上です。
Commented by Biogon21 at 2009-01-18 19:28 x
なるほど〜そうきましたか!(^^;
やっぱり良いですねG Biogonも!
これに触発されて久しぶりにG Biogon宮崎改28mmを付けて出かけようっと。といってもしばらくは悪天候が続くと予報のパリです...
Commented by ktokuri at 2009-01-18 21:18
MATUさん、やはりライカはいいですね。個人的には単焦点がいいのでペンタも好きなのですが、一眼よりレンジファインダーの方が慣れがあります。
Commented by ktokuri at 2009-01-18 21:20
Fさん、ネット上ではお久です...って先週も梅田で飲んだけどね。
確かにツアイスとライカのレンズは違いますね。
それがまた世の中面白いところだと思います。
Commented by ktokuri at 2009-01-18 21:22
senshikibowさん、専用ソフトならほどんど周辺光量は低下しません。
ちゃんと是正されます。
ただ色合いがやや好みでないので....さてこれからこの二つをどう使い分けるかちょっと悩ましいです。
もともとビオゴンというと周辺がへこまないとなんか物足りないという私の変な固定観念も問題かもね。
Commented by ktokuri at 2009-01-18 21:25
Biogon21さん、コメントありがとうございます。光栄ですね。
そうなんですよ。やはりGシリーズのレンズ好きなんですよ。
Biogon21さんのようにツアイスには特別の想い入れもあって、ライツ&ライカよりも心には重いです。
パリの写真楽しみにしてます。私も宮崎さんにGシリーズや、レチナのエクターinU.S.A.や、マクロスィータや出したいレンズはたくさんあるのだけど、とりあえず一年に一つぐらいにしようかと。そんなにしているとあと10年近くかかってしまいます(笑)
Commented by settuya at 2009-01-19 15:30
なにか、工作(?)してると思ったらこれを発注してたのね。
見た目もなかなか「らしい」レンズになっていて、なかなかいいですね。
お小遣いがたまったらお願いしようかなあ。
Commented by ktokuri at 2009-01-20 18:33 x
摂津屋さん、「工作」とは人聞きの悪い表現ですねえ(笑)
R-D1を叩いて買った摂津屋さんほど、悪ではありませんぜ。
レチナのエクターやマクロスイーター等も改造してくれるみたいです。
手元に色々その手のレンズがあるので、ちょっと怖いサービスです。
<< 灘五郷から兵庫突堤へ Epson R-D1sとM-ロ... >>