<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ZD ED70-300mm F4.0-5.6を入手
 父親のマンションに置いていた暗室用具を友人に譲ったら、小金が残りました(笑)
あぶく銭はあぶくに....というわけでシャンペンを買いました(°°)☆\(--メ)バキッ!
ではなくて.....このレンズをアマゾンで購入。
 強力な手振れ補正を誇るOlympus E-3があってこそ活かせる超望遠ズームレンズです。

c0147468_10203130.jpg

 超望遠で~600ミリ相当のズームレンズ。私の手元にあるEC-14をつけると840ミリ相当に。1.2メートルの距離から望遠接写ができるのが魅力です。
 届くやいなや、早速、雪の舞う中、昼飯を買いに行くときに持参し適当にパチリパチリ。

c0147468_10233467.jpg

 新長田の区画整理事業工事現場
 AF/MF切り替えスイッチがついている上に、レンズの構成図がシグマのレンズと極めて似ていて、中味はシグマOEMかな...と気になっていました。シグマのレンズとは相性が悪いのです。淡い色合いがどうも苦手で....
試し撮りした感じでは、中味がどうかは別にして色合いはオリンパス系という感じで悪くありません。お手軽な値段の割にはEDレンズが効いているのか、描写も納得です。
c0147468_10385477.jpg

 このレンズと12-60mm F2.8-4.0 SWDとの2本のレンズを持っていくと、121㎜~139㎜に穴があくものの、24~600㎜まで、通常撮影に必要な画角がほぼ完全に揃うことになります。
c0147468_10413688.jpg

 最長の600㎜相当(300㎜)での撮影。
 私の好みのスナップは35㎜レンズによる撮影なので、これはまあ、ちよっとしたテストです。そんなに描写は甘くはないですね。

 このレンズの問題は、「何を撮るのか」ということです。
1.望遠効果による引きつけ感(しいて言えば最初の写真かな)。入門書にはこれが書いてありますね。
2.遠いところのものをクローズアップ(2枚目の写真)。海外旅行での記録には役に立つかな。
3.いわゆる隠し撮り(3枚目のチョロスナはこれに近いかな。犬が怖いので寄れないし(°°)☆\(--メ)バキッ!)
4.望遠接写。120センチまで寄れるので、実はこれに期待しています。桜や梅のクローズアップなんて楽しそうですね。最近、このレンズで撮られた梅の枝の写真がそこここで目につきます。

 まあ、そんなことで、常用で持って歩くレンズではなさそうですが、特定のときには威力を発揮するかもしれません。ZD 50-200mmを持っているので、色や厳格に美しい写真を撮るときには、重いけどZD 50-200mmが優先するとは思いますが。

Olympus E-3&ZD ED70-300mm F4.0-5.6


[PR]
by kamigatacamera | 2008-02-24 10:50 | Olympus E-3 | Comments(4)
神戸の道を散歩をしながら....
 このところ、イベントがありません。おかけで、コウベライフの分館の中でも、イベント館にあたる「上方カメラ」は1ヶ月記事が載せられず、ペナルティで“空き家”の広告が載っております。 カメラの試写の方もあまり進まず食べてばかり、おかげで本館 コウベライフの記事だけが細々と更新が続くようなことに(°°)☆\(--メ)バキッ

 それでも少しずつシャッターは押しております。健康のために散歩をしておりますから。散歩は自宅から三宮まで約1時間半のコースが中心です。
 
c0147468_1885272.jpg

 散歩しているときに、シャッターを押すのは??というと、光の加減が面白いときに、シャッター欲(?)が湧きます。ちょっとロシアの街?のような寒い三宮の街。記憶の片隅に残る東欧で見た空によく似た深い蒼い空。こういう写真好きな人多いのですよね。上手い下手は別にして写真ブログでもよくみるタイプ。絵としてはきれいですよね。
 
c0147468_18333355.jpg

 この光景、同じ場所で普通に街を撮ると、こんな感じでしょうか。冬の雰囲気は出ますけど、「おもろない」と思う人もいるでしょうね。
 でも三宮の街を紹介するなら、下の1枚かな。全国的に言えば、神戸は「神の戸」(戸は港かな)、この鳥居は三宮神社で、三宮の地名の語源となってはいるものの、神戸の地名の語源、生田神社ではないけど、やはり三宮らしさには必要かと。
 上の写真は面白いけど、「効果」重視で、私には刹那的、情緒的、一過性な感じがします。
c0147468_18421679.jpg

 ここは、福原、いわゆる色町です。ソープランドやラブホテルの並ぶちょっと危ないゾーン。こんなところにカメラを持って歩くと嫌がられることおびただしい。でも、アジアらしい色鮮やかな看板が並んで、これはこれで絵として面白い街です。
 ここの十五年前の写真が銀塩でありますが、随分変わりましたね。これから十年たったらまた変わるでしょう。こんなものを撮って残しておくのがちょっと面白い。明暗の強い光の必要もないし、ダイナミックな構図も不要ですが、ちゃんと残しておきたい画像です。
c0147468_18462372.jpg

 神戸のシンボルの風見鶏。最近気がついたのですが、交番についている例がけっこうあります。道を聞く....方角が示しやすいしるしだから...なのかなあ。
c0147468_18493758.jpg

 震災後整備された新しい街に、白い鮮やかな道路標示。よく見ているとちょっと面白い。
c0147468_18515590.jpg

 震災前から寂れてはいたのですが、贅沢な人口密度の長田の商店街。この人の薄さが印象的で、ついついシャッターを押してしまいます。しかし、本当は大問題。この中にはとても美味しいものがあるお店や、長田のお好み焼きに大事なドロソースを製造直売しているお店も。こんなに寂れていると色々と心配が...(この写真のみRicoh GX100)
 
c0147468_18563344.jpg

 見慣れたものも時に目線かいつものところからはずれると、魅力的に感じるのも、街歩きのよいところでしょうか。このJR高架下は私の神戸の街のちょっとした初期設定なんですね。これが変わらないのはちょっと嬉しいです。
 
c0147468_18581946.jpg

 散歩をしていると、いつもみているものがときに不思議なものに見えるときがあります。
それを探しに写真を撮るのがまた楽しい感じです。

Olympus E-3&12-60mm F2.8-4.0 SWD




 
[PR]
by kamigatacamera | 2008-02-10 19:00 | 12-60㎜ F2.8-4.0SWD | Comments(6)
E-3にライカRレンズ+レンズアダプター+新ファームウェアで手振れ補正テスト
 昨日は、ちょいと凡ミスしましてすみません<(_ _)>
 それで、今日も試写する時間が皆無でしたが、用事をすますために出かけた三宮にOlympus E-3を連れていき、チョイと新ファームウェアの機能テストしました。
 同じレンズでは面白くないので、今日はライカRレンズ、エルマリート28mmF2.8を持って行きました。
c0147468_17171695.jpg

 1/15秒でこれくらい止まれば、有効に動いているということでしょうね。
c0147468_17172934.jpg

 こちらは1/20秒。まわりが動体ブレするのがちょっと異次元のようで面白い。
c0147468_17174952.jpg

 これは普通の撮影条件。このレンズもしっとりした味わいがあってなかなかいいですね。

Olympus E-3&Leica R ELMARIT28mm F2.8


[PR]
by kamigatacamera | 2008-02-03 17:32 | レンズアダプター | Comments(8)
悪天候、でも恩恵のチェックのためにアダプターでツアイスレンズで撮影
 先日、オリンパスE-3&510のファームウェアにバージョンアップがありました。その中で誠にさりげなく、レンズアダプターでつながれたレンズ(すなわちフォーサーズ仕様外のレンズ)でも両機の手振れ補正機能が使えるようになりました。これによってレンズ沼に溺れるマニアたちの間でパニックが...(^^;)
 私も早速、京都の節分祭りにでも出かけてライカRレンズ等、望遠系のレンズのテストをするつもりだったのですが、あいにく少し風邪気味なのと、大阪で用事が出来たので少し我慢することに...
 そうはいうものの、未練がましく、用事をすます合間のために短焦点系のレンズを持ってゆきました。

【東独カール・ツアイス フレクトゴン35mm F2.8 エキザクタマウント】
c0147468_19113078.jpg

 まずご近所の自動車をパチリ。光がはねなければ古いレンズもそこそこ写りますね。

c0147468_1912406.jpg

 光の条件が少し悪いと、このレンズは内面反射が多いのでしょうかコントラストが下がります。まあこんなものでしょうかね。友人M42の同じレンズマウントはもう少し良い感じですが。

【東独カール・ツアイス ビオター58mm F2 エキザクタマウント】
 ここで、ふと思い出しました。手振れ補正機能のテストだったのでは...(°°)☆\(--メ)バキッ!
c0147468_19244684.jpg
 
  というのであわてて、わざとISO感度を落として絞りを少し絞って撮影。1/25秒で銀塩120㎜相当の望遠。プラットフォームから走って出ていく列車は動体ブレしてますが、枕木はそれほどぶれていない感じ。
 
c0147468_19222847.jpg

 列車の中でもちょいとピント合わせしてみました。暇があれば試写しているというけなげな(暇な)私(°°)☆\(--メ)バキッ!
 
c0147468_19231322.jpg

 大阪駅に着いてもう一枚。


【カール・ツアイス コンタレックス ディスタゴン25mm F2.8】ここからの写真は記事末の追記:注意書きを読んでください。
 このレンズのアダプターの刀自は怪しいのですが....レンズは最盛期(失礼!)のツアイスの製造だけあって、やはり凄みありますね。
c0147468_20362751.jpg

 このレンズで手振れ補正機能を使い、大阪駅でスナップ。1/20だと立ち止まっている人だけちゃんと写る。
c0147468_2041219.jpg

 その後、神戸に戻ってハーバーランドで試写。これは西遊記のディスプレィ。
c0147468_2047064.jpg

 これは1/10秒です。ぶれてはいますが、この速度でこれだけ止まればまあいいかな。
c0147468_20484399.jpg

c0147468_20491580.jpg

 どちらも1/15秒でハーバーランドの夜景を試写。銀塩でも50mmと条件は良いのですが、これだけ撮れればまあいいかと...
c0147468_2057317.jpg

 1/13秒。標準レンズならだいたい二桁なら大丈夫というところでしょうか。もう少し下げてみるべきでしたが、これ以下のころあいの速度で取り損ねました。
 
c0147468_212978.jpg

 駅のプラットフォームでスナップ。これが気軽に撮れるのはやはり今回のファームウェアアップデートあってこそですね。
 それにしてもツァイスレンズはノーブルといってもいい美しい描写です。
 

 ※今気がつきましたが、最後のディスタゴン25mmの作例では、手振れ補正機能の焦点設定を頭の中で勝手に換算して50mmに入力しておりました(°°)☆\(--メ)バキッ!
 完全な設定でないので、再度テストしなければ...(^^;)
 それでもそこそこ機能しているという結果なのが、これまたビックリです(°°)☆\(--メ)バキッ!

[PR]
by kamigatacamera | 2008-02-02 21:09 | レンズアダプター | Comments(6)