<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Epson R-D1sとElmarit 21mm
 先日のビオゴンは手のかかるレンズながら、R-D1sにつけて撮影するのは、自分好みのレンズの描写を思い出させてくれる素敵な時間でした。
 これに味をしめて、銀塩の印象としては、「優等生でそつがない」エルマリート21㎜アスフェリカルのレンズを持ち出してみました。銀塩35㎜判換算で32㎜というレンズの描写は何とも気持ちの良いものです。
c0147468_227543.jpg

 まずは夕方の、神戸 新開地。年末になるとちょっと雰囲気が濃い感じになる街です。
飲み歩く人、仕事を探してふらふらして行き着く人、ギャンブルに溺れている人
c0147468_2263746.jpg

 でも何か楽しそうでもあります。私は飲んだくれグループかな。
 このレンズ、少し大きいのですが、使い勝手も良くスナップには最適かもしれません。


c0147468_2271864.jpg

 さて、年末には京都でお買い物。片手にはこのレンズとスーパーワイドへリア15㎜。
ちょっと夕方に知恩院に寄ってみました。どちらも好みの描写なんですが。21㎜は自然な描写です。
c0147468_2274225.jpg

 三条通のこのアールデコ調の洋装品店は私の好きなモチーフです。横を歩くとついついシャッターを押してしまう。
c0147468_64219.jpg

以上 Epson R-D1s&ELMARIT 21mm asph


 四条通に面したこの颯爽とした装飾の建物。これだけ大胆にパクれば誰も非難のしようがない(笑)
 さすがに非球面レンズ。人工光線には全くの破綻がありません。R-D1sの静かなぶれにくいシャッターとともに夜の描写にも役に立ちそうです。

 なぜか不思議とこのEpson R-D1sとともにいると懐かしいライカの時代に戻ってきた気がします。銀塩カメラそのものの呼吸で撮れて、かつコストが安い....という感じで私には良いカメラです。
[PR]
by kamigatacamera | 2008-12-30 22:23 | Epson R-D1s
Epson R-D1sとBiogon21mm f4.5
 先日、Epson R-D1sを入手しました。いつも親しくしている写真倶楽部のメンバーとの忘年会で盛りあがったことが一つ、そろそろこのカメラ、製造中止の兆候があることに加えて不景気でいかにも今後の発展は危なそう...との感覚になったからです。Pentax K200D を買って単焦点レンズにはまったこともあります。

 入手して情報集めをしたときに読んでいてときめくブログを見つけました
 素晴らしいヨーロッパの写真も魅力ですが、Biogon21mm f4.5をEpson R-D1sにつけて楽しんでおられるパリにお住まいの方の情報。とても気になりました。
 まさかあの対称型の21㎜の尻尾の長いレンズがつくのか?と半信半疑。スーパーアンギュロンの21㎜や私の防湿庫に眠っているMエルマリート28㎜の初期型などは取り付け不能とメーカーさんが言っているのに。

 手元には山工作所のLライカ-RFコンタックスのマウントアダプタと、友人のKahnさんが以前に加工してくれた、RFコンタックスのレンズ群が。Biogon21mm f4.5もその中に。
 おかげで手元のライカM型では露出計はうまく整合しないものの、ちゃんと距離計に連動して写真が撮れています。

 では、パリからの情報を試してみましょう。
c0147468_1457496.jpg

 出かけたのはハーバーランドです。この麒麟の彫刻、気に入っていてよくモデルに使います。
ピントはばっちりです。
c0147468_14572381.jpg
c0147468_14575713.jpg

 ハーバーランド高浜岸壁よりの観覧車。純正のエプソンのソフトでは色合いがうまくいかないときがありますが、SilkyPixの最近出たProタイプはレンズの周辺減光にも対応していて色合いは好みです。減光は描写の個性のように感じてあまり補正しないのですが。今お試し版ですが、バージョンアップするとするか.....
c0147468_14581833.jpg

Epson R-D1s&Biogon21mm f4.5


 問題は露出ですね。考えてみれば、長い尻尾のあるレンズ。それに後先端にはコロのようなひれがついています。これが問題かもしれません。
 うまくいくときにはうまくいくのですが、そうでないときには極端に過剰露出(露出計では出た目が露出が少なめに出るのでしょう)になります。パリのブログの作者さんに教えを請うたのですが、特に工夫されていることはないようです。
 しかし、当たり前の対応なのに私がまるで失念していたことを教えていただきました。
デジカメだから、液晶で撮った結果を見て、補正し直したらよい―― そうですね。瞬間スナップに使わなければこれでよいと思います。なぜこんな簡単なことに気がつかなかったのでしょう。
撮る心が完全に銀塩モードにになっていたからでしょうか。
これが32㎜相当。ペンタックスのDAレンズと同じ焦点距離。スナップの時にはもう一つの21㎜Mマウント、エルマリートの非球面があるのでいいかと。

 あと課題は、外付けファインダーをつけるとして、28㎜をつけるか35㎜をつけるかです。
どちらもライカの古いのがあるのですが......
[PR]
by kamigatacamera | 2008-12-28 15:13 | Epson R-D1s
京都へ 仲間と一緒に
 先日、私のアイデンティティというべきミンミン写真倶楽部の忘年会のために京都に行きました。
 この会の日は、家族が何を言おうが、仕事が何かあろうが、脱走モードです。年に一度どころか、久しぶりの仲間に会えるなら。そのときの悪戯心に撮ってみた写真を並べてみます。ランダムだけど。
c0147468_22221462.jpg

 東本願寺
c0147468_22222496.jpg

 東本願寺
c0147468_22223358.jpg

 賀茂川 松原通
c0147468_22224794.jpg

 祇園の片隅で
c0147468_2223539.jpg

 安井神社
c0147468_2223272.jpg

 八坂の塔
c0147468_22234499.jpg

 庚申
c0147468_22235775.jpg

 文の助茶屋
c0147468_22241784.jpg

 八坂の塔界隈
c0147468_22242981.jpg

 産寧坂
c0147468_22244091.jpg

 産寧坂界隈
c0147468_22244950.jpg

 夕日に
c0147468_22245886.jpg

 八坂神社
c0147468_22251147.jpg

 祇園新橋
c0147468_22251958.jpg

 辰巳神社角

Pentax K200D&FA31mmF1.8 Limited&DA 21mm F3.2 Limited、FinePix F100fd


[PR]
by kamigatacamera | 2008-12-21 22:33 | Pentax Lense