<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
PENTAX-DA 15mmF4ED 京都の桜でお試し
c0147468_17374371.gif

 久しぶりにPENTAXのレンズを販売日初日に入手。前々から欲しかったかなりの広角22㎜相当です。
これを持参して京都へ。少しだけですが桜が咲いていてモチーフになりました。
c0147468_1725315.jpg


c0147468_17251112.jpg


c0147468_17251916.jpg


 神宮道です。桜は少しだけ咲きかけてますね。寒の戻りでスピードが少し停滞した感じです。

c0147468_17252717.jpg


c0147468_17254134.jpg


c0147468_1725556.jpg


c0147468_17261383.jpg


c0147468_17263711.jpg


 哲学の道です。私のイメージでは京都の桜は平安文化のあの妖しい艶めかしさが好みです。

PENTAX DA 15mmF4


 このレンズ色ノリも十分、何よりも各収差がうまく調整されていて非常にすっきりした絵作りです。
コンパクトさ、丁寧な加工とともに満足です。素晴らしい音で鳴るヴァイオリンのようなイメージ。



 そしてついでというとことで......おまけ(笑)

c0147468_17323357.jpg

FA77mmF1.8 Limited


 このレンズは常にたおやかです。

c0147468_1733026.jpg

 ボケの花。春に似合う、素敵な天然の大和絵模様。
c0147468_17331227.jpg

FA31mmF1.8 Limited


 
 このレンズの清潔感ある描写はいくら撮っても飽きません。
[PR]
by kamigatacamera | 2009-03-30 17:36 | Pentax Lense | Comments(8)
柔らかさと、広い掌 Summaron 35㎜ f3.5を試す
 手元にあるライカレンズの中で、あまりに柔らかすぎず、そしてシャープすぎず...と思って取り出したのがズマロン35mm f3.5(前期型)。
c0147468_11826.jpg


 実際、散歩にEpson R-D1sにつけて携えてみると、思うよりもさらに柔らかい。最近デジタルカメラ用レンズばかり見ているせいかな。
c0147468_902138.jpg
 
 阪神大震災で何度もニュース中継の舞台となった長田区役所と長田消防署。
 シャープネスとかハイコントラストとは無縁の画像。でも暗部がつぶれず、悪い雰囲気ではありません。
階調ということをポイントにすると好きな感じです。
 レタッチソフトで少し触ると好みの感じに仕上がりそうです。ライツのレンズが昔から暗室で讃えられてきたのはこのあたりに秘密がありそうです。
c0147468_9031100.jpg

 高速長田のスーパー、ライフ。彩度の高いモチーフも嫌みなく写るような柔らかさがあるように思います。
c0147468_90396.jpg

 御蔵小学校前。昔のポプラ並木が好きだったのですが、こう撮ってみると今もそんなに悪くない感じ。
c0147468_904622.jpg

 一見、ギヨッとするのですが、カット&パーマ屋さん。ちょっと古びた写りですね。まあ60年以上前のレンズですから当たり前ですが。
c0147468_91459.jpg

c0147468_91103.jpg

 無機的なものの描写も悪くない気がします。今様のシャープなレンズやツアイスのレンズはコントラストが高めで、暗部がストンと落ちる気がしますが、ライツのレンズは総じて愚鈍なほどに階調がふんわり出ます。とりわけ暗部の描写が好みです。
c0147468_911781.jpg

 派手な描写ではありませんから、人工光では眼を引きにくいかもしれませんが、悪い感じではありません。
コントラストがきついところでも情報量が多い気がします。

 よくツアイスのレンズのことを「世界を美しく描写するための設計」と言いますが、ライツのレンズは世界をくまなく描写する設計だったのでしょうか。暗いものから明るいものまで、鮮やかなものから、濁ったものまで自然な感じで絵にしてくれる気がします。
 これはこれで悪くない気もします。

Epson R-D1s&Summaron 35㎜ f3.5


各画像のEXIFデータには位置情報が含まれています

 
[PR]
by kamigatacamera | 2009-03-15 09:40 | Epson R-D1s | Comments(0)