<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
モノクロの神戸を試しに
 写真を趣味にしている多くの人は色々なモノクロ技法を持っていますが、カメラ好き程度の私の心当たりのあるモノクロ技法は2種類だけ。

 一つはありきたりのモチーフを、人にちゃんと観て貰うモチーフにできるということ。
 今回、ボランティアで東北に行く人、東北から神戸に来た人を撮る機会がありました。モノクロでもともとそのつもりで撮ると、普通の人が普通に見えない感じになります。強い眼光や優しい眼差しがちゃんと見えてくる。柔和なおばあちゃんの後ろに後光がさしてくる
 まあ、そんなわけにはいきませんが(笑)、色の世界に埋もれていた表情が浮かび上がることは事実です。

 もう一つは、意味なく余分に明け透けの写真にならないこと、すなわちプライバシーを侵害する度合いがやや緩和される写真に仕上がることです。
 スナップで人のプライバシーをモチーフにするなら、せめてモノクロにしてみた方が気楽かと。逃げかもしれませんが。

 撮った東北関係のデジカメデータを印刷に持ち込むために、レタッチソフトを使って加工しなければなりません。私は苦手です。どうしても一枚一枚の写真の適正にこだわってしまって、トーンもマチエール、テクスチャ、露出も横並びはバラバラ。モノクロはカラー以上にこのような要素を揃えないと映えないのに、グループにすると非常に乱雑な物しか作れません。

 試しに手元の写真を使って練習しましたが、やはり(笑)。
まあ、うまくいかないけど、実験室ですから。手持ちのデジカメ画像、好きな神戸のイメージの光景のモノクロ写真載せてみました。




c0147468_2281148.jpg


須磨浦/垂水


Konica KD-500Z




c0147468_22885.jpg


 新長田 大正筋


Canon PowerShot S95





c0147468_228010.jpg


 旧居留地

 

Epson R-D1s & Leica Elmarit 21mm




c0147468_2274039.jpg


三宮 生田筋

     


Canon PowerShot S95




c0147468_227365.jpg


メリケンパーク

     

Ricoh GR DIGITAL 3





c0147468_227269.jpg


鉄人28号

     

Canon PowerShot S95







   フラッシュによるWebアルバム版はこちらです
[PR]
by kamigatacamera | 2011-05-01 22:24 | My Kobe