<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
GXR MOUNT A12とケルン マクロスイーター50mmf1.8
 一昨日、GXRの本体一式とビューファインダーVF-2が修理?され手元に戻ってきました。
仕事の休み時間や終業後に試し撮りをしてみました。

c0147468_2212963.jpg
 せっかくファインダーが戻ってきたので、それを使うレンズということで、ケルンのマクロスイーター、アルパというスイス製の不思議なカメラ用のレンズをライカMマウントに改造したものです。
 なんせ、出張で電車に乗る前に撮ってみたり、夜、飲み会の待ち合わせ前に撮ってみたり..という被写体を選ぶことがない状況。とうていフォトジェニックとは言えないものを撮影していることをお許しくださいませ(笑)

c0147468_2111221.jpg


    
    
   
    

 そろそろ黄昏時から夜にというところで、神戸の旧居留地 中華料理の第一楼の前で。
ISO1340とか、801以上はノイズリダクションをかける設定にしてました。生の方が良かったですね、すみません。

c0147468_21111497.jpg


 旧居留地のショップのウィンドゥ。ちょっとハイキーに。

c0147468_21112365.jpg


 マクロスイーターのエレメントはけっこう特殊な光の波長まで拾っているとか。人工光ではどんな感じでしょうか。
 
c0147468_21113332.jpg


 夜の写真、そして無限遠ばかりでちょっと面白くないか(笑)

c0147468_21114215.jpg


 神戸の人なら知ってますよね。ここの照明の色合いが好みです。

c0147468_21115484.jpg


 夜と言ってもISO1000を超えると昼みたい。ノイズリダクションかかってます。

c0147468_2112346.jpg


  こちらも昼のような夜。大丸百貨店の通りに面したCafe。

c0147468_21121635.jpg


 うーむ、女心ですね。

c0147468_21122418.jpg

 
 柔らかい描写。好きなレンズです。

c0147468_21123697.jpg


 次の日の昼間。阪急三宮駅。

c0147468_21124675.jpg


 花の接写は日頃しないのですが、本来、繰り出し鏡胴のマクロレンズである、マクロスイーターですから、一応入れておきます。
 下手で申し訳ありませんが、あくまでサンプルと言うことで(°°)☆\(--メ)バキッ!

c0147468_2112552.jpg


 阪神御影駅前。色合いは自然で使いやすい。

c0147468_2113479.jpg


 75ミリ相当でのスナップはちょっと面食らいます。実はズミルックス75ミリなんていうM型レンズ持っていたりしますが、そのレンズをM6で使うのとはまるで違う使用感。

 顔を見えないようにスナップするというのはなかなか難しいのです。ちょっと一人だけ顔が載ってしまいましたか。

c0147468_21131246.jpg


 マクロも徐々にボケルものの方が良かったですね。まあ、仕事場で手持ち、天井の蛍光灯で撮ってますからお許しを。

c0147468_21132016.jpg


 韓国料理屋で食べた本日の夕食から。料理は美味しかったですよ。ハイ。


 

以上 GXR MOUNT A12&Kern Macro Switar 50mmf1.8マウント改造



 このカメラでマクロスイーターを使うときには、手動絞りをピント合わせ後に押しこんで、同時にシャッター切りますので、ハンドリングが難しいですね。
 それでも楽しく使えます。
 リコーさん、この楽しみを与えていただいてありがとうございます。

 それにしても、もう少しいい環境でこのシステムを使ってあげたいものです。
[PR]
by kamigatacamera | 2011-09-29 21:30 | GXR | Comments(2)
お久しぶりのOlympus
 今週末はGXR MOUNT A12はお休み。リコーの銀座の修理センターに入院中。
 ボディもファインダーもお送りしましたが、結局ファインダーのVF-2が故障していたようです。
丁重なお電話をいただき、この週末に間に合うようには戻ってこないことをお詫びいただきました。
対応の真摯さにちょっと感じ入りました。私の仕事でもあのぐらいの対応ができたらいいのにね。
 しかし、それにしても先々週末は業者さんから送ってきたのはVF-2という名前は同じでもOlympusのもので、即交換に。
先週末に送ってきたのはRicohさんのものだったのですが、ファインダーの中にゴミが入っていてまた交換、そしてその次がこの状態で、結局三週間連続で週末にはVF-2無しでした。
運がないというか、縁が薄いのかなあ。

 残念ながらそんなことで、今回はOlympus E-P1を持って、北京まで船旅を楽しむ友人の見送りに神戸のメリケンパークに出かけました。
 レンズは17mm一本です。
c0147468_2223453.jpg


 どんな船に乗るのかなあと思っていたら飛鳥Ⅱでした。
c0147468_22234087.jpg

c0147468_22233437.jpg


 いい船ですね。本人の話によると、日本のマスコミやインターネットから離れて、色々と考え事をしたいとのこと、確かにいい環境かもしれませんね。
 日頃きつい仕事をしている人なので、こんな休み方もいいのでしょう。

c0147468_22232877.jpg

c0147468_22232365.jpg


 帰りは元町方面に足を進めました。港の風にあたると少しずつ元気になります。
異邦人とはいえ、長年神戸の水になじんできたからでしょう。

c0147468_22231740.jpg

c0147468_22225948.jpg


 港から南京町へ、そして元町商店街をブラブラして、いつものAkariさんへ。
[PR]
by kamigatacamera | 2011-09-24 22:43 | Olympus E-p1 | Comments(0)
GXR MOUNT A12とM-Rokkor28mm f2.8
 GXR MOUNT A12とビューファインダーVF-2を入手したものの、VF-2の不調が続いて、望遠レンズでは私の撮影のリズムになりません。
 そんなことで、ウジウジと手元の広角レンズを触っています(笑)
 私自身、レンズ沼で溺れたくちですから、それなりに広角レンズでもネタ切れはしないでしょうが、ボディに問題がないとも断定できず、両方修理に送ると、このシリーズはしばらくお休みになってしまいます。
 さてどうなることやら......

c0147468_1755660.png


 今回はミノルタCLEについていた、M-Rokkor 28mm f2.8です。
最もCPの高いライカマウントレンズという人もいます。
ロシアものや旧東独ものもタジタジの描写。最近、値段はそこそこ高いし、ある事情でいいものが数少なくなっていますけど。

  
  
  

  





c0147468_1595662.jpg

 昨日、夕方にちょっと撮ってみました。極めて暑い秋晴れの夕方の空。
 いつもの新長田のビルの階段からの展望風景です。



 
c0147468_1594945.jpg


 阪神淡路大震災のあと、かなり月日がたって、ある年を境に急に新しくなっていくこの街、とても変にカラフルです(笑)。

 ある事情というのは、このライカマウントのロッコールのレンズは、レンズのエレメントの一つが白く混濁する持病があって、ふるくからのものは人間の白内障のように切れの悪い描写になってしまいうことです。
 私のものはミノルタでメンテしていただいき、代用されたエレメントが入っています。


c0147468_1594331.jpg

  描写はライカの純正のエルマリートが繊細で柔らかい描写とすれば、色乗りのコッテリした亜細亜の良さがあると私は思っています。「細やかな描写」と評する人が多いようですが、私はこのレンズの描写にあるパワーが好きです。


c0147468_1594034.jpg

 原色だけ、派手になるのではない、ちょっと油性の色合い。この感じがGXR MOUNT A12でもちゃんと出ているのが、ちょっと嬉しい。

c0147468_1593711.jpg


 新長田の街にはちよっとお似合いのレンズと私は思っています。

c0147468_16224913.jpg


c0147468_1592649.jpg


 それにしても、いい加減、もう少しこのカメラのために、外を歩いて写真を撮らないと.....出不精でごめんなさい。




 Ricohさんに注文。

 ・マイセッティングでRawデータにレンズ名がうまく出力できない。これはなんとかして欲しい。
 ・撮影時の部分/全画面の両方の拡大モードで、シャッター半押しで普通画面に戻る選択肢が設定できるようにして欲しい。
 



 早く涼しくなって、試し撮りではなくて、もう少し表現の含まれるものを撮ってみたいです。
 
[PR]
by kamigatacamera | 2011-09-19 16:55 | GXR | Comments(0)
Ricoh GXR MOUNT A12とビオゴン21ミリ改造を持って京都に
昨日、京都の天気予報は他の関西一円の地域と同じく雨。
台風の影響と言われているので、人の出足が遅いだろう....と思って、急に京都市立美術館にでかけました。

フェルメール印象派の展覧会をハシゴに。

 
c0147468_944292.jpg


以下すべてGXR MOUNT A12+G-Biogon21mm f2.8マウント改造



 本当はライツの標準レンズを幾つか抱えて撮り比べをするつもりだったのですが、入手してすぐに返品交換したVF-2が一日前から急に表示しなくなりました。何の衝撃も与えてないのにね寿命三日間(T_T)。
 Ricohさんにはもう少し品質管理に気を遣ってもらいたいと恨み節です。
 でもこのカメラセットは、本来の動作をしていればとても素晴らしいと思います。その点では大きな感謝です。

 背面の液晶ファインダーでは、私には撮る楽しみが薄い気がして、適当にピントをコントロールできるこの33ミ相当のコンタックスG用のビオゴンをMマウントに改造したものだけを持って、ブラブラしていました。

 
c0147468_9442275.jpg



c0147468_944531.jpg


 雨があがっている時間帯に少しブラブラしてみました。

c0147468_9441687.jpg


 哲学の道から銀閣寺方面に。ちょっと考えごとも。

c0147468_9435654.jpg


 バスで南下して四条に出るころには再び雨が。土砂降りです。
 八坂神社で。トリミング&レタッチがかなりかかってます。

c0147468_9435249.jpg


 八坂神社を通り抜けて、長楽館で大津の友人と待ち合わせてお茶を飲んで、そこから夕食へ。

c0147468_9434940.jpg


c0147468_9434483.jpg


 
 天気がもう一つだったので、写真としてはノレませんでしたが、好きなモネやゴーギャン、ゴッホ、それになかなか観られないフェルメールの作品を三作観ることができて満足しました。
入場料が倍かかったのはちょっと痛かったですが(笑)
[PR]
by kamigatacamera | 2011-09-18 10:01 | GXR | Comments(0)
Ricoh GXR MOUNT A12 今日もテストどまり ズミルックス35mmf1.4 asph
c0147468_1745458.jpg


 今日はGXR MOUNT A12を持ち出して写真撮ろうと思いましたが、残念ながら仕事が終わらず、黙々と自宅のパソコンでお仕事。
 昼飯を食べに行ったり、クリーニング屋に寄ったりしたときに、ちょっとカメラをぶら下げて、ビルの非常階段からパチリしたりして(笑)欲求不満を紛らわしております。

今日はレトロ風に神戸の長田の新名所 鉄人28号を撮影。
 もう50年近く前登場のキャラです。本当は撮るなら同年代の球面の古いズミルクス35mmが適当でしょうが、それはおいおいに。
 ....と言ってもいつも行くパン屋さんへ行く道なのですが(笑)

 まずコンタックスGのビオゴン21ミリ改造と、対称型で手元のライカでもM3,M4でしか使えなかった初期型のエルマリート28mmを使ってみたいというので、まあ撮れることを確認。
そして今度はズミルックス35mmの非球面を試してみました。あとはクラシックなズミルックス35mmとか、ライツのレンズを色々。
それにライツ以外のスーパーアンギュロン、オールドコンタックスのビオゴン等々、国産レンズも。
 新しいところではコシナ系のレンズも使ってみたいところです。そんなに時間と暇があるかどうかは疑わしいですが。想像する楽しみもありますしね。

 
c0147468_17454831.jpg


2枚とも Summilux 35mm f1.4 asph



 このGXR MOUNT A12はそれぞれのレンズのプロファイルを登録できるようになってます。
本体では記憶できる数がしれているので、SDカード記憶するというとになるのですが、当たり前ながらカードをフォーマットすると消えてしまいます。
データはパソコン本体に保存しておく必要があるのでしょうね。
 できたら、カードと本体メモリーのプロファイルの複写・相互交換もできるようにして欲しいです。

 このデータをパソコンで書き換えたり、どこかのインターネット上のデータエリアに自動アップロードしてお互いで情報交換できたりというのが楽しいでしょうね。
リコーさんのことだから、そんなアプリも考えてくれそうな気もします。マニアの病棟、隔離部屋ということかもしれませんが(笑)

 とにかく本体が軽い。コンパクト。手元にあるエプソンのR-D1sの6割ぐらいの重さですか。
持ち歩いてもレンズ+αという感触です。ビューファインダーが再度到着したら、望遠系を色々と試してみたいと思います。
 R-D1sの出番はサブカメラとしてしかなさそうです。撮るときの楽しみはあるのですが。ウーム、GXR MOUNT A12をもう1セット買いたくなりますね。

 ちょっとリコーさんへの注文としては、+/-キーとズームキーに割り当てられるパラメーターの分野をもう少し増やして欲しいということです。
せっかくここまでかゆいところに手が届いているのでちょっと残念。感謝してますけどね。
[PR]
by kamigatacamera | 2011-09-11 19:34 | GXR | Comments(4)
Ricoh GXR MOUNT A12を入手、手始めのテスト エルマリート28ミリ初期型 ビオゴン21ミリG改造
c0147468_1691798.jpg


 リコーがライカMマウントの使えるGXRのマウントを販売開始。
早速予約して、昨夜届きましたので試してみました。
ただ残念ながら一式買った中でビューファインダーのVF-2に大きなゴミが入っていて初期交換に。
液晶画面で対応するのがどうも苦手(主に好みでしょうが)な私としては、とりあえず広角レンズを使ってみました。

c0147468_1621057.jpg

 ライカ エルマリート28ミリ初期型
 この対称型のレンズはレンズの後部が飛び出している関係で、手元のM5では使えず、M6でもまともな測光はしてくれませんでしたが、無事に使うことができました。
 私好みの色、階調が美しい。

c0147468_162178.jpg

 古いレンズですが遠距離のピントもいいように思います。

 さて、次にコンタックスGのビオゴン21ミリ改造品。
c0147468_1615121.jpg


 これもR-D1Sでは周辺光量がやや落ちるのですが、GXR MOUNT A12ではそんなことはなさそうです。

c0147468_1621536.jpg


c0147468_1621431.jpg


c0147468_16215780.jpg


 さすがにネオ現代のレンズです。描写のバランスは満足のいくものです。

テストばかりではいけませんが、自分の表現したいことに使えるように、もう少し色々と試してみたいと思います。
 ライカの純正のレンズやマウントアダプタを使ったツアイスのレンズ、改造マウントなど手元の色々なレンズを使ってみたいと思います。
[PR]
by kamigatacamera | 2011-09-10 16:26 | GXR | Comments(2)